• ガンダムとライダーと映画とゲームとオモチャとPSS90を愛する、
    最近ガレキやら原型作ったりしてる平沢憂の兄を目指したいサイト


関西準拠です。 
参照:しょぼいカレンダーアキバ総研
今期はBSの方が早いアニメが更に増えた感。

今週だけで3週間分働いてる勢い。(´(ェ)`)
古いサーバーにWordPress入れようとかヤメよう?ね?

そんなわけで早いもので11月分の予約です。
最初のグラビアでは11月は買うものないかなと思ったら・・・

来ましたよ、METAL ROBOT魂 Ex-Sガンダム。
Ka signatureシリーズの一般売は初じゃないでしょうか。

GFFのEx-Sも今でもかなりのクオリティを誇る逸品ですが、流石に4倍高いだけに超えてきた感じがあります。
17200円... 高いが安いとはこの事か...!

S.H.Figuarts ストライクインターセプター
S.H.Figuarts オビ=ワン・ケノービ(ATTACK OF THE CLONES)
S.H.Figuarts ゾフィー
ROBOT魂 ボゾン(マーベル機)
HI-METAL R VF-1J スーパーバルキリー(マクシミリアン・ジーナス機)
METAL ROBOT魂 (Ka signature) Ex-Sガンダム
S.H.Figuarts 仮面ライダーアマゾンオメガ
S.H.Figuarts 仮面ライダーアマゾンオメガ(Amazon限定)
S.H.MonsterArts ゴジラ(2016)
聖闘士聖衣神話EX タウラスアルデバラン(神聖衣)
S.H.Figuarts 星宮いちご(ソレイユver.)
S.H.Figuarts Stone Cold Steve Austin
S.H.Figuarts The Rock
S.H.Figuarts アイアンマン マーク3

Ex-S以外にも蓋を開ければシンゴジラにアルデバランに割りと高額なのが多くて、そっちも手を出してる人は大変そう...

□ 機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY

配信版は見ずじまいでしたが、映画版には行ってきました。
サンボルの設定には色々を思うところはあるのですが(シールド持ちすぎだろとか)濃い1時間でした。
やや原作飛ばし気味に話は進むので若干予備知識入れといたほうが良さそうです。

イオが容赦無い性格ゆえか、サンボルのFAガンダムの目つきに悪さが実にイカツイw

監督の松尾衝さんは劇ZやGレコで演出してたせいか、最初のジムがデブりたいを抜けていくカットがトミノ的に出来てて面白い。
UCと同じ1スタでもああいう有機的なカットインはあまり見なかったなあ。
そういえばガンプラビルダーズもこの人でしたね。(後半はだんだん普通になっていくんだが)

冒頭7分に収録されてるとろけていくジムが最高すぎてプラモ買いに行く勢い。 WF終わったら買うw
あとMGのFAガンダムも買おう...

2016.June.21
PlayStaion VR


行ってきました体験会&先行予約。
PSVR、正直なところエースコンバット7が出るまでに手に入ればいいやくらいにE3の発表とか見てたわけですが、
ロンチタイトルとしてサマーレッスンとミクDIVAがピックアップされたため買いに行かざるを得なかった。

とはいえ需要がいかほどなのかいまいち読めないアイテムでもあり、即店頭やネット予約で行けるのではと思いつつもHMZ-T1のように3ヶ月ほど待たされる可能性も無きにしもあらずと考えてるところ
ソニーストアの体験会&先行予約の土曜午前中分が余ってたのでサラッと拾った次第であります。

蓋を開ければネットは瞬殺で怨嗟悲喜こもごもと行った具合だったためソニーストアでの予約は正解だったと思うところ。
本日追加の体験会の予約が開始されましたが、予約しそびれた人が殺到したのかあっという間に満員になってましたね。
現段階で確実な予約が可能な唯一の手段でもあるので致し方なし。

ヘッドマウントディスプレイはHMZ-T1との比較になるのですが、後頭部のバインダーで締め付けるHMZに比べ、PSVRはヘッドセットの方を移動して装着させるものでした。
どっちが良いのかはよくわかりませんが、全体的に装着時の負荷が分散するような感じになってます。
おかげでバイザー型だったHMZに対し、PSVRは半ヘルメット型と言った感じです。

その分装着感はかなりしっかりしており、多少頭を振ってもずれる感じはありませんでした。
この辺は用途の差ですね。 あとPSVRは全体でホールドするため、HMZのように額に荷重が集中する感じではなかったです。

没入感を優先的に設計されてるためか、PSVRは被った時ほぼ外との光は入ってこないです。
おかげで中は蒸すのでヘタするとレンズが曇るのが困りどころw 曇りどめ吹いていいものか...
なおヘッドホンは付属していないので、立体音響ヘッドホンみたいなのが欲しいところですな。


VRの体感は一年前にマチ★アソビで体験会でやってみたのですが感覚的にはアレに相違はありません。
グラフィックがPS4クラスなのでリアルさはダンチでしたがw

体験したのはTheDeepという深海探検VR、深海に潜っていくゲージの中で海の生き物と触れ合うような

ものではなく、リアクション出来ない状態でサメにされるがままに追いつめられていくという一種の圧迫型ホラームービーでした。
正直なかなかに不安感煽ってくる映像でしたね... あの程度でこの有様だと、バイオ7がVRだったらとてもじゃないけとプレイできないわ...

映像から感じる浮遊感は人間の脳みそが適当なのか、映像からの空間認識能力の高さゆえなのか悩みどころです。
足の裏から床の感触があったから現実的な感覚は保ててたけど、完全に浮いた状態でVR被ると完全に感覚がVR側に行ってしまうように思う。
水中でVR体験とか凄い面白そう(そして怖そう)

VRの感覚は文章では伝えにくいけど、映像から感じる空間を脳が補正してるものと、手足から感じる物理的な感覚にズレがあるので
なんとも奇妙な雰囲気があると思う。(逆に同期していた場合もう区別ができない)
そういう意味では周囲の環境に一工夫するともっと没入感は上がりそうです。

機能的な面ではトラッキングの精度やセンサーの反応はかなり良好で、頭の振りと映像の変化のズレは殆ど無かったように思います。
有機ELの応答速度も良好でアクションゲームの使用にも十分耐えられる物かと思うところです。
HMZ-T1でしばらくバトルオペレーションを嗜んでいたのですが、序盤の動きの遅いザクキャノンを使っていた時は問題なかったものの、動きの早い汎用機を使うと画面のブレが辛くてプレイしづらいものでした。
PSVRはゲーム用に開発されてるだけにこの辺の問題はクリアしていそうです。

応答速度や没入感は申し分無いけど、有機ELの映像には若干ざらつきを感じる。
なのでPVやハイビジョン液晶でのグラフィックそのままにVRを期待すると肩透かしを食うかも。
ただこれはHMZーT1のころとそう大差が無いことなので後継機を待っても劇的に改善する見込みは薄いように思う。

VRのキモは「オブジェクトがそこにある」という存在感なので、そっちを優先して価格と相談した結果ではないかとは思う。
まあ世の中もっと鮮明度が高い高価な有機ELが存在してるので、PSVRエリートモデルというのが15万とかで販売される可能性はあるのかもしれない。

実際どれくらいプレイするかわからないけど、映像の実感覚は今までのゲームとは別物なのでいろんなタイトルを期待したい。
具体的に言うと早くガンダムのVRゲームがやりたい、この際動かすだけでも良いので...

□ 香辛亭 中之島店

帰りの道すがら、土鍋カレーなるものに寄ってました。
鉄鍋に全部入ったものだと思ったらご飯とカレーが別で出てきて少々驚いたw
牛すじが美味しくて難波にも出店しないものかと願うところです。

ちなみに場所は中之島の大阪市立科学館の裏側という実にアクセスしにくい場所にあります。
リーガロイヤルホテルの近くなので...おっとこれ以上はやめておこう。

難波に出店してほしい飯屋チェーン→大戸屋、やまや。 近隣にはあるんだけどね。

□ いろいろ物欲追加

12/パルフォム時雨改二


1/‐艦これ‐ Prinz Eugen


10/アメコミ・ヤマグチ デッドプール


11/FAG 轟雷 10式

デッドプールはリボが先行する模様。 久々にリボ買うなあw
轟雷 10式はまほお姉ちゃんにしか見えない...